社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

人間関係の基礎知識!メカニズムを知る

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

メカニズムを知っておこう

人間関係構築におけるメカニズム

人間関係の構築は機械的な構造を持っています。ひとめぼれのように初対面で相手へ恋愛感情が芽生えるような稀な状況を除けば、良好な人間関係が築かれるまでにはそれなりの順序が必要とされているのです。他人同士が知り合い、良い人間関係を構築していく場合は、次のような手順で進めていくことになるでしょう。

メカニズムを知っておこう

きっかけとなじみ

人と人が知り合うきっかけには様々な状況があります。仕事の取引先の相手であったり、友だちの知り合いであったり、時には道端で偶然に新しい出会いをみつけることもあるはずです。しかし、状況は異なっていてもそれぞれに共通することがあります。それは、人と知り合うときには、その場で相手を意識し言葉を交わすなどのコミュニケーションを行うということです。逆に言えば、何のコミュニケーションも取らなかった場合、その人はただの行きずりの人であって、知り合いにはならないということです。
そしてこの初対面の時期を過ぎると、あいさつや雑談などさらにコミュニケーションを重ねていくことになり、お互いがお互いにとって顔なじみの存在となっていきます。人間関係のレベルが「なじみ」の段階に入ったということです。

選択と深化

人間関係が進んでいくと、人は無意識のうちにその人との関係について選択を行うことになります。その人とこの先も関係を続けていくか、関係を変化させるかという選択です。この選択には2つのパターンがあり、関係を続けるか捨てるかという取捨選択と、関係をどの程度のものにするかという深さについて選ぶことになります。この選択は一度行ったら終わりというわけではなく、状況や感情の変化に応じて随時行われていきます。そしてその結果、より近い距離で関係を続けていきたいと選ばれた人とは、関係を深くしていくことになるのです。恋愛関係や深い友情関係、協力関係などが生まれていくということです。

定着維持と感化

人間関係が深まりそして安定していくと、その関係は「定着」のレベルに達します。そしてその後は、その関係を長く継続していけるように関係の維持に努めることになります。しかし、この時期にあっても人と人との関係はふとしたきっかけで壊れる可能性もあり、相手への心遣いは必須です。この段階であっても、関係の継続にはお互いの努力が必要なのです。
また、さらに好ましく深いものへと関係が変化していくと、やがてはお互いの生活にまで影響を与えるようなものになっていきます。一組の男女が結婚して夫婦関係を持ち、子どもを産み育てて共に老いていくさまなどはその典型的な例だといえるでしょう。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。