社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

バイト経験でコミュニケーション能力を鍛える

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

コミュニケーション能力を鍛えるバイトとは

バイトを活用しよう!

若者の中には、人とのコミュニケーションに困難を感じるコミュニケーション障害、略して「コミュ障」と呼ばれる問題を抱える人も増えているようです。バイトはそんなコミュニケーション能力に自信を持てない自分を変えるためにも役立てることができます。話す力、聞く力、伝える力、そして実行する力などコミュニケーション能力には様々な側面がありますが、どのようなバイトをするかによって鍛えられる能力も異なります。自分のレベルに合った仕事から始めてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション能力を鍛えるバイトとは

対話ができることを最初の目標にする

工場のライン作業や清掃作業員など、それほど人と接する機会の多くない作業では、聞く力や実行する力を集中的に鍛えることができます。接客業とは違い、お客様を相手にする機会が少ないため、まずは仕事の指示をしっかり聞きそれを実行すること、そしてバイト仲間ときちんと会話をすることが求められるからです。まずは作業をきちんと行うことができるようにしっかりと指示に耳を傾けるようにしましょう。
それに慣れたら、休憩時間などにバイト仲間との対話に挑戦してみましょう。まずは聞き役から入り、あいづちを打つ練習から始めるのがおすすめです。まじめに仕事をし、他人の会話にも耳を傾けることができれば、自然とそれ以外のコミュニケーションも取れるようになるはずです。

実践的に鍛える

聞く、そして実行する力がついた後は、軽い接客業に挑戦してみると良いでしょう。コンビニやネットカフェなど接客だけが仕事ではないもののお客様を相手にすることもあるという仕事を選んでみてください。接客業というだけで構えてしまうかもしれませんが、これらの仕事はお客様とのコミュニケーションだけが重視されるものではありません。なぜならお客様自身は、店員と話をしに来ているわけではなく、商品を買うことを目的にお店を訪れているからです。
こういった仕事では伝える力が必要になってきます。きちんと声を出し相手に伝わるような表現で話をする力を鍛えることができるのです。まずは「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」というあいさつから、はっきりと口に出せるように練習してみましょう。

声を出して話をすることに慣れる

対面でのコミュニケーションはまだ怖い、どうしても話をすることに苦手意識があるという場合は、とにかく声を出して話をするということに慣れることから始めるのがおすすめです。対面ではなく電話越しに人と話すことができるテレフォンオペレーターの仕事をしてみてはいかがでしょうか。こういった仕事では、お客様に対して何を話すべきなのか丁寧なマニュアルが用意されています。他人に何を話すか、どういった話し方をするべきなのかということをマニュアルで学びつつ練習していくことができるため、自分の言葉で話すための良いトレーニングとなるのではないでしょうか。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。