社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

バイトで経験!人間関係はパターン別で攻略すべし

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

パターン別で攻略を

攻略のカギはパターン把握にあり!

バイトを辞めたいと考えるきっかけになりがちなのが、バイト先での人間関係ではないでしょうか。性格が合わなくてどうも意思の疎通ができなかったり、なぜか敵視されてしまってやりとりを拒否されてしまったりと、人間関係が良くないと仕事にまで支障が出てしまうこともあります。そこでどうにもコミュニケーションがとりにくいという相手をパターン別に攻略する方法についてまとめました。それぞれに合った方法で対応することで驚くほど付き合うのが簡単になるはずですので、一度参考にしてみてください。

パターン別で攻略を

熱血さんとクールさん

正義感が強く何事にも熱く取り組むタイプの人と衝突してしまった場合は、二人だけでよく話し合う機会を持ちましょう。その正義感ゆえに思い込みが強いタイプですので、誤解を解くことができればあなたへの態度も優しくなるはずです。
逆に頭が良くクールなタイプの人とうまくいかないときは、自分の何がいけないのか直接尋ねてみると良いでしょう。このタイプの人は、感情で人を差別することはありません。あなたが冷遇されていると感じるのなら、以前も指摘したミスを繰り返している、理解不能な言動をしているといった合理的な理由があるはずです。聞けば素直に教えてくれるはずですので、恐れずにぶつかってみることをおすすめします。

お調子者とカリスマリーダー

調子が良くバイトでもリーダーや社員に取り入るのがうまいタイプと接するときには、とにかく「嫌われないこと」を重視するべきです。必ずしも仲良くなる必要はありません。付かず離れずの距離を保ち、敵対関係にならないように注意しましょう。一度仲がこじれてしまうと修復は困難です。
人に取り入って自分の立ち位置を確保しようとするお調子者タイプとは逆に、自らの確固たる意志を持ち他人を引っ張っていくカリスマリーダータイプと付き合う場合は、正直なところ素直に従ってしまった方が楽になることが多いようです。このタイプも一度自分と意見が合わないと思われてしまうとその人を排除する方向に動くため非常にやっかいです。どうしても耐えられないのなら、こちらが辞めてしまった方が面倒なことにならずに済みます。

優柔不断な人と勝手にライバル視タイプ

とにかく優柔不断で、自分の決定に責任を持ちたくないタイプとの付き合い方のコツとしては、もしトラブルに巻き込まれたら当事者同士で解決しようとせず、上司に報告するということです。プライドが高い割には権力に弱い人が多いためそれで簡単に事がおさまるはずです。
プライドの高さという面では、勝手にこちらをライバル視して張り合ってくるようなタイプも面倒ではあります。しかしこちらの場合は、基本的には無視してしまえば大丈夫です。論理的に話をしようとしても通じるタイプではありませんので、仕事に支障がなければ放置してしまうのが最善です。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。