社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

経験者が語る、職場で良好な人間関係を築くコツ!

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

社会人が教える職場での人間関係のコツ

職場の人間関係と学校生活の人間関係は幅が違います。社会人である私の経験をもとに、職場での人間関係を良好に築くコツを紹介します。先輩との接し方、後輩との接し方、同僚との接し方、そしてお客様に対する接し方など、人間関係を築く相手と自分の立場によっておさえるべきポイントがあります。学生のみなさんはバイト先でさっそく実践してみてください。バイトは本格的に社会に出る前の準備として様々な経験を得られる貴重なチャンスの場です。

先輩には素直さを心がけて

バイトの職場で、先輩とのコミュニケーションの取り方に困ってしまう人も多いようです。そんなときは、敬語を使い礼儀正しく接すること、わからないことは遠慮せず早めに質問すること、謝罪や感謝の気持ちは素直に伝えることを心がけてみてはいかがでしょうか。仕事の一環とはいえ後輩のあなたの行動は先輩の責任となってしまうこともあります。きちんと教えを乞い、それに感謝をし、ミスを指摘されたときには素直に謝る。それだけで先輩とはスムーズなコミュニケーションを取れるようになるはずです。

先輩には素直さを心がけて つづきへ

後輩には優しさを大切に

先輩だけでなく後輩との付き合い方も大切です。あなたが先輩という立場なら、まずは後輩に対して偉そうにしないということを心がけましょう。また、仕事の指示を簡潔にわかりやすく行うことや後輩のフォローを積極的に行うことで、あなたに対する信頼感を高めることができます。あいさつなどのスキンシップも重要です。後輩に対しても妙なこだわりを持つことなく自分から進んでスキンシップを取りにいきましょう。それによって頼りがいのある先輩だと思ってもらえるはずです。

後輩には優しさを大切に つづきへ

同僚から頼られるには

バイト先の同僚とは上下関係がないからこそ接し方に迷うという人もいるようです。同僚と助け合えるような仲になるためには、まずは職場の空気になじむことが大切です。雰囲気を見極め、周囲を気遣った行動を心がけましょう。また、イベントに積極的に参加したり話し方を工夫することでも同僚との距離を縮めることができます。はっきりと明確に話しつつ相手の意見もきちんと聞くように注意しましょう。また、相手から信頼されるためには細かい仕事こそきっちりやるという心がけも必要です。

同僚から頼られるには つづきへ

お客様との関係に絶対法則はない

バイト先でお客様と良い関係を築く方法は、プライベートでの人間関係のつくり方とほとんど同じです。お客様が相手だからといって特別な方法を試す必要はありません。だからこそ巷に出回っているビジネス本のテクニックをそのまま使おうとしてしまうと違和感があるかもしれません。お客様と良い関係を築くことで、お客様に対してモノの「商品価値」ではなく、従業員の対応なども含めた「総合価値」に対してお金をもらうという働き方ができるようになります。それによってあなたは商売というものの原理原則を知ることができるでしょう。

お客様との関係に絶対法則はない つづきへ

おすすめトピックス