社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

職場の人間関係を良好に!同僚に頼られるには

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

同僚から頼られるには

周囲を気遣い空気を読む

バイト先の同僚と上手に付き合っていくことは、仕事の成果にも影響します。上下関係がないからこそ接し方に迷ってしまう人もいるかもしれませんが、まずは職場の雰囲気を掴むことから始めてみましょう。バイト先によって、非常にフランクだったりビジネスライクできっちりしていたりとカラーは異なります。あまりにもその空気になじまない振る舞いをしてしまうと、周りからも距離をとってしまわれがちです。周囲がどのように働いているのかをまずは観察し、その空気になじむことができるように努力しましょう。そのためにも、困っている人がいたら手助けをするといった周りに対する気遣いをすることが重要です。自分のことだけに一生懸命になりすぎず、周りの人たちにも目を配るよう心がけてみてください。

同僚から頼られるには

積極的にイベントに参加する

同僚とはいえ、仕事中にはなかなかプライベートな話はできないものです。そこで、バイト先で企画された飲み会やイベントなどには進んで参加することが重要だといえます。初めは緊張してしまうかもしれませんが、そういった機会を通してお互いに理解を深めることで仕事もやりやすくなるのです。大々的なイベントではなくても仕事帰りの食事などに同僚を誘ってみても良いのではないでしょうか。

細かい部分こそきちんとやる

バイトの同僚とは共に助け合う仲であることが理想です。そのためにも自分が頼るばかりではなく、同僚からも頼りにされる存在となりたいものです。そこで注意したいのが、細かい仕事にも手を抜かないということです。他人は意外にあなたの細かい言動をよく見ています。人から見られやすいところはきちんとしていても、目立たない部分では手を抜いてしまっていることはあるかもしれません。しかしそういう細かな部分こそ人を判断する材料になることがあります。ひとつひとつの細かい仕事の積み重ねは、あなたの信頼の積み重ねだと考えてください。人に頼られる人間になるためにも、細部まで手を抜かないというクセをつけましょう。

会話を大切にする

他人とどのように会話をするかということも良好な人間関係には重要です。自分が話すときには、何が言いたいのかテーマをはっきりさせた上で明確な話し方をしましょう。その意見の正誤がどうであれ、堂々と自分の話ができる人は頼りにされやすくなります。また、自分が話すばかりでなく他人の話を聞くことも大切です。人の話をきちんと理解しながら聞き取り適切な質問を返すことができれば、あなたに対する信頼度は大幅にアップするはずです。一方的に自分の意見を押し付けるのではなく、対話をするということを心がけてみてはいかがでしょうか。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。