社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

職場の人間関係を良好に!後輩には優しさをもって

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

後輩には優しさを大切に

偉そうな態度で接しない

バイト先では先輩との接し方と同様に、後輩とのコミュニケーションも重要です。自分や周囲が快適に働くためには、先輩だけでなく後輩への接し方にも注意してみましょう。まず一番最初に気を付けたいのが、後輩だからといって偉そうな態度を取らないということです。あくまで仕事の上での先輩だというだけで、決してあなたが後輩より偉いというわけではありません。話し方や態度に迷ったら、自分が後輩の立場だったら先輩にどんな風に接して欲しいかということを考え、それを実行してみてはいかがでしょうか。

後輩には優しさを大切に

分かりやすい指示を心がける

とはいえ、先輩という立場である以上、後輩を指導しなければならない場面というのは必ず出てきます。そんなときもしあなたに後輩からの信頼がなければ、仕事がスムーズに進みません。後輩に頼られる存在となるためにできることのひとつが、わかりやすく仕事の指示を行うということです。ポイントをおさえ、簡潔かつ分かりやすく手順を説明することができるようによく考えてみましょう。頭の回転の速さも試される場面だといえます。後輩が「わかる」指示を行い、きちんと仕事ができるようにしてあげることで、あなたに対する信頼感も高まっていくのです。

後輩のフォローを意識する

もし後輩がミスをしてしまったら、それは誰のせいだと思いますか?もちろん後輩自身の経験不足や確認ミスによるところもあるでしょう。しかし、先輩という立場にいる以上、後輩がミスをしてしまった原因は自分にもあるかもしれないと常に自分の指示を振り返ることができるようにしなければなりません。ミスの責任を後輩だけに負わせず、指導を行った者としてきちんとフォローをしなければならないのです。後輩のミスをただのミスとして終わらせずフォローをすることで、後輩自身も次はきちんとやろうと考えてくれるものですし、あなたを敬う気持ちも自然に生まれるはずです。

自分からスキンシップをとる

仕事で困っていることはないか聞いてみるといった、後輩に対するスキンシップをあなたの方から行うということも後輩と良い関係を築くためには大切なことです。後輩なら進んであいさつして欲しい、積極的にコミュニケーションを取りにきて欲しいと考えてしまうかもしれませんが、職場の人間関係を大切にする良い先輩はあいさつの後先といった細かいことにこだわることは決してありません。コミュニケーションを後輩任せにしていたのでは、先輩として失格なのです。人と良い関係を築きたいのなら、そう考えている方から積極的に動くべきで、それこそが人に尊敬されるためのコツだということを忘れないでください。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。