社会人が語る人間関係

バイトで鍛える!

職場の人間関係を良好に!先輩には素直に接する

社会人が語る人間関係とは

社会人が語る人間関係とは

社会人である管理人が、人間関係に不安を持つ学生に向けて社会経験や人間関係力の向上に役立つバイトなどの参考情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】

先輩には素直さを心がけて

礼儀正しくふるまう

バイトが初めてという人の場合、職場で先輩にどのようにふるまうべきなのかわからないということもあるかもしれません。しかし、仕事をスムーズに行う上でも先輩への接し方は非常に重要です。どんな風にコミュニケーションを取れば良いのか分からず緊張してしまうという場合も、まずは礼儀正しくするということを心がけてみてください。例え同じ学生だったとしても、バイトの先輩はあなたにとっては目上の人です。それにふさわしい言葉遣いや態度について考えてみましょう。具体的には、ハキハキと聞き取りやすい大きさの声で話すこと、正しい敬語を使うことに注意してみてはいかがでしょうか。丁寧な態度で自分の意志をきちんと話すことができれば、それだけで十分にあなたのやる気は伝わるはずです。

先輩には素直さを心がけて

わからないことは質問!

仕事の手順でわからないことがある…でも先輩は忙しそうで聞きにくい。そんなシチュエーションに遭遇することもあるかもしれません。しかし、わからないことをそのままにしていては自分のためになりませんし、結果的に先輩にまで迷惑をかけることになってしまう可能性すらあります。後輩がやったことは先輩の責任になってしまう場合があるからです。わからないことがあるときはできるだけ早く先輩に質問してみましょう。あなたに早く一人前になって欲しいと思っている先輩なら決して嫌な顔はしないはずです。

謝罪は素直に

立場上、後輩であるあなたは先輩からミスに関する指摘や指導を行われる場面も多くなります。ミスの種類によっては強い言葉で叱られることもあるかもしれません。そんなときはあなたもついムッとしてしまう可能性もあります。しかし、このような場面で感情的に反論しても、あなたと先輩の関係を悪くするだけで誰の得にもなりません。ぐっと気持ちを抑えて、まずは先輩に謝罪してください。叱られてすぐではなく落ち着いてから自分の悪かったところを振り返ってみることをおすすめします。そのときは理解できなかったことでも、後からならわかることもあるはずです。素直に謝ることで先輩からも「ちゃんと教えてあげよう」と良い印象をもってもらいやすくなります。

感謝の気持ちも言葉で伝えよう

謝罪だけでなく「ありがとう」の言葉をきちんと伝えることも重要です。先輩があなたを指導してくれること、ミスをすればフォローしてくれることは、仕事だから当然だと考えているかもしれません。しかし、それが当たり前だという態度をとられてしまうと、先輩としては良い気持ちがしないこともわかりますよね。先輩も自分の貴重な時間をあなたに与えてくれているのだということを忘れないでください。常に教えてくれてありがたいという気持ちを持ち、それを言葉にしていくことでよりスムーズに先輩とのコミュニケーションが取れるようになることでしょう。

おすすめトピックス

  • 先輩には素直さを心がけて

    バイトをするときには先輩との付き合い方にも工夫が必要です。後輩として礼儀正しく接するというのはもちろんのこと、叱られたときでもまずは素直に謝罪する、感謝の気持ちを伝えるといったことできっとどんな先輩にも可愛がられるようになるはずです。また、わからないことはそのままにせず質問するクセもつけておきましょう。自分ひとりで大丈夫と我慢してミスをするよりも、先輩を頼りにした方がお互いにとって幸せな結果を生むはずです。

  • メカニズムを知っておこう

    人が他人との間に良い人間関係を築いていく過程には、あるメカニズムが存在しています。あるきっかけで出会った人たちがコミュニケーションを交わすことでお互いを認識し、やりとりを続けることでその関係が深まり、関係に対する無意識の選択を経てさらに関係を深いものにしていった結果、関係は安定・定着し、ついには互いの生活にまで影響し合うようになるというものです。この構造を知っておくことでより良い関係の構築ができるのではないでしょうか。